2014年

11月

26日

本当は世界は良い方向へ進んでいる

本当は世界は良い方向へ進んでいる


毎日、沢山の良くないニュースが報道されていますよね。

世界が悪い方向へ向かっているかのようです。

でも、本当にそうなのでしょうか?


イギリスの元首相のベンジャミン・ディズレーの有名な言葉で、

「世の中には、3つの嘘がある。

ただの嘘、

とんでもない大嘘、

そして、統計の嘘」

と言いました。

特に統計の嘘は、人を強く納得させる力があります。

統計の取り方や、そのまとめ方にも色々あります。


統計でウソをつく法―数式を使わない統計学入門 (ブルーバックス) 新書 – 1968/7/24 ダレル・ハフには、

統計による、ごまかしの方法が沢山載っています。


現代では、ビジネスからはじまり、色々なもので使われています。


地球のことなども、時によっては、全体像を映したものではなく、一部を大きく引き伸ばしで、間違った情報を提示したりすることもあります。


人を驚かして、興味を惹かせるような統計ではない、

真面目な(上手な表現が見つからなくてごめんです^^;)統計は、みんなの協力で、環境がよくなっていることも、示すデーターもあります。

みんなで協力して、地球を素敵にしたいですね。^^