水不足の話

 

水不足の話です。

 

 

 

現在は、沢山の国が人が飲むような水ではないような汚れた水を飲んでいます。

 

それは、病気に原因になったりしています。

 

 

 

将来の2050年には、今の状態よりさらに沢山の国で、汚染された水を飲むような国が増える状態になっていると予想されています。

 

 

 

水の問題の地域は、場所によって、問題のあるところはとても集中しています。

 

アフリカの北部では、水の欠乏が多いです。

 

また発展途上国以外にも、ヨーロッパでも水不足寸前の地域も沢山あり、ポーランドや、チェコなどは、既に、水不足になっています。

 

また、アジアでは、中国、インド、パキスタン、イラン、スリランカ、アフガニスタンなど、沢山の国で、水不足寸前になっています。

 

 

 

また、先進国である、アメリカのカリフォルニア州では、人口が増えすぎているために、資源に負荷を与え、先ほどのアジアで出てきた中国の特に北部は、麦、米の栽培から水不足の影響を受けやすくなっています。

 

なんと、黄河の水が海まで到達できないなどという事態も起こったりしているのです。

 

 

 

このような水不足が食糧の不足の問題や、世界の子供たちの健康に影響を与えているのです。