食料援助の仕組み

 

食料援助が緊急で行われるときは、どのような順序を経て行われているのかをお話します。

 

 

 

食糧の援助をするといっても沢山の問題があることが分かったと思います。

 

しかし、干ばつや、洪水、地震、津波などの大規模の自然災害や、天候や、病害虫による不作とときは、どうしても、緊急の食糧援助に頼らないといけない状況もあります。

 

戦争や、紛争など、直接、死の危険に子供たちが晒される状況になるときもあるからです。

 

そんな時に、その状況の人たちを支援するのが「緊急食料支援」です。

 

食べ物や、水、医薬品や、生活用品、トイレや、テント、シェルターなどの生きていく上でどうしても必要なものを支援するのです。

 

送るには、輸送手段を緊急に考えなくてはいけませんが、国連のWFT(国連世界食料計画)が食料と輸送を受け持ちます。

 

まず、緊急事態が起こったとします。

 

すると、国連WFTha世界中の政府に緊急にアピールをします。

 

そして、それぞれの機関が協力して、支援を行います。

 

 

 

通常期間は、3ヶ月から2年くらい行われます。