日本のフードマイレージとは?

 

日本のフードマイレージとは?

 

 

 

フードマイレージという言葉があります。

 

生産地から食料が出発して、消費国に届く、つまりあなたの食卓に届く、その距離に、食べ物の重量を掛けたものがフードマイレージと呼ばれる数値です。

 

指標を数値化したもので、食料をどのくらいの遠くから、どのくらいの量が動いているかを見る指標になるわけです。

 

 

 

日本は、食料の多くを輸入しているので、世界の中でも、特に、フードマイレージの高い国になっています。

 

 

 

つまり、日本に住んでいるわたしたちの食は、輸入によって、沢山の食料を取り寄せていることによって、それを運ぶ燃料の消費、二酸化炭素の排出による地球温暖化、そんな環境への悪影響ももたらしています。