お金を有意義に人生で使う方法

お金を有意義に人生で使う方法

お金の有意義な使い方をお話します。

お金は、交換券なので、交換しないと、本来の利用目的の為に働いているとはいえないと言えます。
お金は、投資で働かせることができますが、ここでは、使うことによって、一番価値を発揮する使い方を考えてみます。

まず、できるだけ、使わないで、倹約するという考えがあります。

お金の流れで、入ってくるのが少ない場合は、人間どうしても、...
こうなります。

ただ、お金は流れている状態がなくなると水が淀む状態のようになると言われ、あまり良い状態ではないと言えます。

お金は流れてこそ、入ってくるものだからです。

そこで、出てくるのは、本人の自分の人生への価値観です。

あなたは、人生の中で、どんな価値観を持っているでしょうか?

まず、あなたが、生まれてきて、死ぬ前にやっておきたいことを考えてみます。

これは、紙に全て書き出すという、ブレインダンプという方法を使うと、良いでしょう。

ブレインダンプとは、脳の中のものを全て出す、落とすという意味を持っています。
今回は、自分が、やりたいことを全て出してみる、ブレインダンプを考えてみます。

これは、時間があるときに、数時間、疲れるくらいまで限界に挑戦するつもりでやってみるのがお薦めです。

大人でも90分が集中の限度と言われるので、少なくても、90分、書き出すことに挑戦してみます。
もっとできれば、15分の休憩を入れてさらに書き出してみます。

ブレインダンプをしてみると、自分のやりたかったことで、こんなことがあったということを思い出します。

結構、忙しさに紛れて、好きなことや、やりたいことを、忘れたり後伸ばしにしていたなと気がつきます。

さらに、沢山の時間をかけてやった人は、子供の頃から、やりたかったことでも、今になっても、やりたかったことがあったこを、思い出すことでしょう。

そこで、今度は自分が、毎日の習慣にしていることを考えてみます

自分でちょっとした楽しみや、リラックス、ストレスの発散の為に時間をさくことを習慣としてしまっているものを書き出してみます

本当にそれは、全て必要なことだろうかと、自分の心に問いかけてみましょう。

特にストレス発散のためだけにしていること削れることが多いので注目します。

それはそれで、気分が良いからやっているんだとは思います。
でも、それをやめても、自分の人生に大きな違いをもたらさないものも沢山あるはずです。

テレビを見たり、お酒を飲んだり、友達と長話をしたり。
それはそれで楽しいのかもしれませんが、ほんとうにやりたくてやっているのか、必要なことなのかと考えてみます。。

こんどは、そういうものをやめてまで、やりたいことをブレインダンプして書き出したものの中から残していきます。

習慣にしている、ちょっと楽しいもの、それをやめてまででも、もっとやりたいことがあったはずです。

なにか、毎日やっていることをやめてまで、やりたいこと。

毎日やっていることをやめてまでは、わざわざやるほどじゃあないなということを削っていくと、おそらく、大分今出したやりたいことのリストから減ると思います。

でも、それはあなたの人生で大事なことだということがわかるでしょう。

なにがなんでもやりたいことが、あなたにとって大切なことです。

あなたの夢や、やりたいことを人生でやることが、あなたにとって幸せだと私は考えます。

その大切な夢や、やりたいことをなしとげるのに使うお金が、私は、有意義なお金と考えます。

そう考えると、とてもお金の使い方がわかりやすくなってきます。

どうしても必要で使わないといけないお金があります。

その残りをどう使うかが人生で充実感を感じる人生を送れるか送れないかを分けます。

そう考えると、生活費を引いた、人生を左右する、その残ったお金

それはあなたの人生を左右する重要なお金になります。

それをどうでも良い目の前の短期的な購買欲を満たすのに使うのが、つまらないことだと気がつくと思います。

この手法や、考え方をしてお金を使うと、とても人生が楽しくなり、お金を上手に使えたなと感じることができると思います。

お金を使うときに充実感を感じられると思います。